自己破産の方法はこんな感じです

自己破産,方法

自己破産の方法について、私も経験したので書いていきます。 借金の問題を解決するために国が用意している自己破産は、裁判所から免責を受けることで成立します。 自己破産は自分で行うのと、弁護士に依頼して行う2種類の方法があります。

自己破産を自分で行う方法は、現住所を管轄する裁判所に赴き、自己破産申立書類を受け取って、必要な書類を集めて提出することで認められる方法です。 自己破産を自分で行う方法は弁護士費用がかからず、収入印紙代などの少ない費用で済みますが、貸付金関係書類を自分でまとめたり、預貯金関係の書類を集めたり、自分で管理しながら必要書類を用意しなければならず、非常に手間がかかる方法なのです。 自己破産を行う理由について陳述書を記入し、必要書類を提出すれば受理され、この時点で債権者に知らせることで取立はストップしますが免責は認められていません。その後1~2ヶ月ほどして、裁判所から出頭命令が届き、破産の審尋をすることになります。 自己破産で免責が認められるまでは申し立てを行ってからおよそ6~9ヶ月は必要で、場合によってはさらに期間が延びることもあるため、1年前後はかかると見ておいた方が良いでしょう。

その間にも様々な手間がかかる方法のため、仕事で動けない時でも代理として動いてくれる弁護士に依頼するのが一般的な方法です。 弁護士費用は大雑把な金額として30万円前後かかりますが、後払いや分割払いの相談にも乗ってくれるので、お金がないとしても生活のために仕事を抜けられないといった場合は、相談して上手く利用すると良いでしょう。私は弁護士に依頼する方法をとりました。 ちなみに、自己破産による相談は、弁護士事務所にもよりますが基本的に無料で受けてもらえます。また、自己破産は申し立てしたからといって必ず免責が認められるわけではないことは理解しておかなくてはいけません。 浪費や投資などによって資産を失った場合は、免責不許可事由に該当して免責が認められないことが多いので、自分の状況を確認しておきましょう。弁護士に事前に相談する方法をとれば、自己破産が認められるかどうかも知ることができます。