自己破産とクレジットカードの最新注目情報。あなたの疑問を解消しましょう!

自己破産札幌とクレジットカード

自己破産をやってしまうとクレジットカードは所有できないと言われていますが、本当ですか!?暮らしの色々なシーンで便利に使う事が行うことが可能で、ショッピングや公共料金の支払いで貯まるポイント等があったりしてお得感があるクレジットカードなのですが、自己破産手続きの開始以降はカードを作ったり、使ったり出来なくなるのでしょうか!?

自己破産をした場合、個人の信用情報を扱っている信用情報会社や日本信用情報機構、全国銀行情報センター等にその個人データが記録されます。その情報のことを、いわゆるブラックリスト情報といいます。 ほとんどの金融機関は、クレジットやローンの審査をする場合に、信用情報会社に対象者の信用情報を照会し、無理なく返済をすることができるかを審査します。ですから、こういった信用情報会社に自己破産のブラック情報が登録されてしまう時は5年から10年の間はこのデータが残るため、この期間においては返済能力が低いと看做され、一般的にはクレジットカードを作ることは不可能ではないものの、かなり難しくなるはずです。

さらに自己破産した後、10年位が経過し、ブラック情報の消去されたとしても、10年間一度も借り入れやクレジットカードの作成を行った記録が無いから、過去に自己破産などの金融事故があったものとみなされ、クレジットカードを作ることが無理なケースがあります。これも自己破産のデメリットです。

これに対し、自己破産の記録が残っている期間であっても、今の収入がある程度高く、返済能力が高いと認められればクレジットカードを作成することが可能となることもあります。 現代はインターネット通販などでクレジットカードを利用するケースは頻繁にあり、これがなければ本当に不便だという面も多いと思います。

自己破産により、クレジットカードを作ることが出来なかった場合、クレジットカードと同じように使用できるカードもあるのです。 最近多くなってきた、プリペイド方式や、支払いと同時に銀行口座から引き落とされるデビット方式のカードがそれで、一般的なクレジットカードとは性質が異なりますが、使い勝手の良さはあまり大差ないカードなのです。

自己破産で家族もクレジット払いが不可能になるのですか?原則として家族は関係はが無いのですが、同居の親族の場合は影響受ける可能性もあります。 同居の親族であっても、保証人となっていなければ本質的には支払い義務は無いので、破産の影響も関係ありません。しかし、親が破産した場合、その後に子供がローンを申し込んでも、その申し込みを断られてしまう例があるのです。

同居の親族の場合、その住所、姓、電話番号等によって、その親族関係が、各金融機関の情報センターを通じてわかってしまうからです。 そういった金融機関の対応は疑問の残るところではありますけれど、現実的には裁判所も同居の親族のサポートが望めるかどうかを支払い不能の1つの判断材料にしていると考えられます。