奨学金の自己破産を心配している皆様にお勧めしたい、奨学金の自己破産の特別情報はこれ!

債務整理,奨学金の自己破産

奨学金の自己破産がここ数年増加しているそうです。奨学金は通常は教育目的として貸してもらう貰うお金なので、返済の時の事まであまり意識することなく借りる方が大半です。だからと言って本当のところは奨学金も、普通の借り入れ金と全く変わらなくて、返済しないと問題が生じるのであります。奨学金とはいえ踏み倒すことは現実的に不可能だと思います。

では現実問題として奨学金を自己破産することは出来るのでしょうか? 奨学金は、免責不許可事由に当て嵌まらないため、これを自己破産することは現実としてあるのです。 ですけれども、その内容が賭博や浪費、財産の隠匿やその他犯罪などの、他の免責不許可事由に当てはまらないことが大切になります。 他にも、自己破産手続きに手をつける時点で有価証券や不動産など、お金に換えることで返済に当てれる財産を保有していないことや、収入が低く返済の可能性を欠くことなど、支払いが不能な状況にあることも必要な要件になります。 こうした返済不能な状態とは、一時的な状態ではなく、前々から借金が膨らんだ状態が続いており、この先第三者的な目線でで返済する能力が無いと考えられる場合に返済不能な状態と認められるのです。 この理由によって、学校を卒業してすぐの人において、貯金もなく収入も少ないといった理由で自己破産申請手続きがやれるかというと、これはこれ以外に事由が無い限り出来ないと言えるでしょう。 将来的に収入の上昇が期待できる時点では自己破産は認められないのです。 こういう部分の判断は裁判所によって決められるのですが、前以て弁護士や司法書士などと相談して自己破産手続き開始の申請ができるか、大抵の見当をつけることは良いと思います。 最近は、債務整理の無料相談を行なっている法律事務所も沢山ありますので、是非利用されるといいと思います。

ここで、大切な事なのですが、奨学金の自己破産で注意しなければいけないのが連帯保証人の存在です。 奨学金は一般的に、連帯保証人が必要なことが多く、家族や親せきなどを連帯保証人として借り入れをおこなっていることが多いです。 奨学金の自己破産をやり、借金をした本人の返済義務が無くなった後も、この連帯保証人の返済義務は無くなりません。 その為、奨学金の自己破産を行うことにより、家族や親せきなど身近な人に大きな迷惑をかけてしまう事になると言えます。 また、奨学金の自己破産を行うということで、自動車ローンや住宅ローンなどの借り入れが5~6年間は困難になって、日頃の生活が不自由となる可能性もあります。 奨学金の自己破産は現実には可能ですが、連帯保証人の立場やこれ以外のマイナス点を総合的に考え、支払いの猶予申請など他の方法も念頭に置いて事を進めることが必要です。 奨学金の自己破産を考えた場合は、弁護士等の専門家のアドバイスを受けてみるのが最善の方法だと思います。