奨学金を債務整理することはできるのですか?

奨学金,債務整理

奨学金を債務整理するケースでは、どっちにしろ自分に返済義務が消失しても、保証人が返済をする事になりますから、最初に、奨学金を除外した借金を債務整理する方法を考えてみましょう。 カードローン等であるならば、保証人はいないので、債務整理をしても迷惑をかけずに済みます。それだけを任意整理と言う方法で債務整理し、そうして少しゆとりが生じたら、奨学金の返済をし続けるという作戦もあるのです。

 けれども、奨学金以外の借り入れは無く、将来に亘って返済の可能性がさっぱりない場合は、自己破産しなければいけません。 そのようなケースですと、本人は一定期間クレジットカードがつくれなかったり、融資が組めなかったり、官報や戸籍のある役所の台帳に名前が載ったりします。奨学金の返済義務は保証人に行きます。 そんな理由から、保証人にも返済能力がないケースだと、合わせて自己破産することが必要です。 どのような方法をとるか、前もって保証人とやり取りしておくようにしてください。奨学金には10年間、返還が猶予してもらう仕組もありますから、この制度を活用し、あとになって返済する事だって可能でしょう。

保証人が高齢であることなど、生前に迷惑を掛けたくないからと、猶予制度で先延ばしする場合もあるみたいです。 保証人に返済能力のある場合は、保証人から個人的に貸して貰って、奨学金を返還するという仕方をとる人もいらっしゃいます。 奨学金の場合は、自己破産しても返さなくてよくなることではなく、保証人がいる場合は返す人が代わるだけなので、そういった点を気をつける必要があります。  自己破産を申し込むと、大部分は認可され、返済義務はなくなります。保証人も含め自己破産したら、保証人にも請求が行くことはないのです。 自己破産の手続きは、弁護士等の応援を借りるべきだと思われます。弁護士費用が捻出できない場合等、弁護士会での無料相談を受けてみると良いですよ。弁護士費用を国が立て替えて弁護士に支払い、利用者は後から月々5千円程度ずつ返すなどのやり方の提案が貰えることもあります。自己破産を申請するような感じであるならば、例外なく制度は利用することができるので、利用してください。