債務整理を札幌でするなら個人再生が凄いの?

債務整理,個人再生

債務整理にあたり前もって個人再生を知っておく方がいいと思います。 最近、個人再生は札幌でも話題になっている債務整理方法です。 個人再生は、債務整理の一つで、債務を大幅に減らし、減額後の債務を原則3年で返す債務整理の手続きです。 この手続きは法人や事業者が行うこともできる債務整理ですが、個人を対象にしたものを債務整理の個人民事再生といいます。 

個人再生は、整理したい多くの借り入れ金があるもののマイホームだけは残したい、というような人が利用します。 自己破産とよく比べられるのは、自己破産と異なり財産の維持が可能だからです。自己破産のように、特定の職業に就けなくなるという制限もないので、自己破産をやりたくない人に利用されます。 個人再生がおすすめな例は、家を残したいケースで住宅ローン以外の整理したい債務が5000万円以下である人です。 他にも安定した収入があること、返済不能が明白であること、などの要件があります。 債務が多い人は、総額で80%以上の整理、減額ができるのでかなりメリットがあります。 一方で、法律上最低限返済する必要のある金額が決まっており、持っている資産等によっても返す額が変動します。

借金を大幅に整理し減額できますが、自己破産と異なり返済義務が無くなるわけではない、というところがマイナス面だと言えるでしょう。 しかし、住宅ローンが払えないような個人には無意味な整理方法です。 家を残して住宅ローンを圧縮したりができないからです。 また、失業中や、今後返済できる見込みがない、というようなケースでも利用できません。 あくまでも減額した債務を返済しなくてはいけない義務があります。無理をすれば払えるような経済状況の個人も利用できません。

債務整理の個人民事再生には小規模個人再生と、給与所得者等再生の2種類があります。小規模個人再生は、債権者の2分の1以上の反対がないことなどの条件があるのですが、給与所得者等再生にはそのような条件はありません。但し、給与所得者等再生は、安定した給与所得があり、収入の変動が小さい人のみが利用できます。