借金返済の一本化は安全な方法?

債務整理,借金一本化

借金返済の方法を模索している人は、一度くらい一本化という言葉を耳にしたことがあるでしょう。 借金返済の一本化は複数ある金利の高い借金を、金利の低いところに一本化して、毎月の返済額を減らす、というものです。 借金返済の一本化は借金そのものが減るわけではなく、金利の高いところから低いところへの借り換えができることが条件となります。 つまり、今ある借入れが1社のみで、それほど金利が高くない場合や、元金も支払えないほど財政破綻しているような場合には一本化はメリットがありません。 しかし、負債に苦しんでいる人の多くは高利の多重債務であり、その人たちにとっては借金返済の一本化は有効な方法です。

借入れが減らず、金利が低くなるだけなら大して変わらないのではないか、焼け石に水ではないか、と思っている人もいるかもしれません。 それではシミュレーションしてみましょう。 合計200万円を複数の消費者金融から借りて、年利18%を払っているとします。年間36万円の利息がつきますので、元金プラス3万が毎月の返済額です。元金を5万円とすると、8万円の返済額、ということになります。 これを年利5%のところに借り換えると、利息が36万から10万になりますので、毎月の支払いは約5万8300円になります。8万円が5万8300円になれば、生活も随分楽になるでしょう。 ここで浮いた2万1700円を遊びに使ってしまっては意味がありませんが、元金返済に充てれば、元金が早く減ります。何年かかっても返せないと思っていた借金でも、借金の一本化をすると出口が見えてくるのではないでしょうか。

但し、借金返済の一本化には1つ大きなハードルがあります。 それは、おまとめローンの審査に通らなければならない、ということです。 おまとめローンを提供している金融機関は、多重債務者からの申し込みを想定していますが、だからといって、一本化の審査を甘くするわけではありません。 現在高金利の多重債務を毎月返済できている人であれば通るでしょうが、既にブラックになっている人は、融資してもらえない可能性があります。