個人再生を札幌でやるとき知っておくべき事

債務整理,札幌,

個人再生を札幌で経験しました! 借金の法的整理である個人再生では、継続して収入が見込めるケースに裁判所の認可を経て3年間で返済を終えるものです。個人再生だと返すべき額は借金の総額の5分の1となり、その額を3年間で返済を終えていきます。3年後に無事返済が終われば、残りの借金はなくなります。 

私が札幌で経験した個人再生ですがメリットとしては、自己破産とは違い借金の理由を問われないことです。したがって、札幌での借金の理由が浪費であったとしても、そのことは個人再生の申し立てには何ら影響をしません。したがって、個人再生は札幌の裁判所に提出をする計画通りに返し終われば、晴れて借金から解放されます。

一方でデメリットも存在します。札幌等で特に毎月決まった額の収入が無い時には、この個人再生は難しくなります。札幌などでのアルバイトやパートなどの非正規職員であれば認められる可能性はありますが、無職のケースは収入が無いわけですから、個人再生をやろうとしても認可は難しいでしょう。 すなわち、この個人再生では札幌等で毎月一定額以上の収入がある時に限って、あるいは見込める場合に限って認可されるものです。

さらにこの個人再生では、3年間で決まった額を返し続けるようになります。その間に返済が滞る場合には、札幌などの債権者すなわち借金を引きうけているところから、今回の計画の破棄を申し立てるおそれが生じます。したがって、計画通りに返し続けることが大前提です。 もし、3年間の途中で自らの過失ではないやむを得ない理由で、返すことがが出来なくなった時には、返済計画の見直しで通常3年間のところを5年間に変更したいという申し立てを行うことも可能です。札幌でも可能です。

また、個人再生の返済計画そのものが遂行が困難になった時には、ハードシップ免責といって残りの債務を免除してもらう申請もできます。ただ、一般的にはハードシップ免責は要件が厳しいことから、かなり特殊な状況下にある場合で申し立てを考えるようにはなります。ある程度の支払いを終えていることなども条件ですので、申し立て時には札幌などで士業の専門家によく相談をしてから対応をすることが必須です。札幌でも可能だと思いますが厳しそうです。