任意整理にかかる弁護士費用について

任意整理弁護士費用

任意整理を弁護士にお願いすると費用はいくらかかるんでしょうか?費用の事は気になると思います。 任意整理をすることにより、利息分の削減や過払い金の払い戻し等が可能なので、借入れ金額の返済がこれまでより助かります。 とは言っても、この手法は債権者(金融業者)側と話し合い、意見の合致を欠かすことが出来ませんから、大抵は専門家である弁護士や司法書士に依頼して任意整理をやって行くと考えられます。

なので、気にかかるのは弁護士に依頼する時にかかる任意整理の費用です。 どうにか借り入れ金返済の見込みが立つとしても、弁護士に要する費用が高い価格である場合は、そうでなくてもお金があまり無いのにも関わらず、費用を払うという手段が可能なのかといった疑問が出ると思います。

でも、弁護士への費用を払うことができないという依頼者は実はあまりいないのです。何故かと言うと、弁護士に任意整理を頼むと、ここまで払っていた借入金返済が一時的にストップして、借金返済の催促も中断するので、例えば毎月5万円づつ借入れ金を返していたとしたらその分を弁護士費用に使えるのです。 そういう理由で、これまで借入金の返済を続けていた債務者は、任意整理の費用を用意することが出来ると考えられるのです。 ただし、借り入れ金の返済をすることが不可能な局面の人は、任意整理ではなく、他の債務整理の手法を活用することになります。

では現実に任意整理にかかる費用は、まず、着手金には借入先金融機関1件につき約3万円から5万円の費用、1つの事案で任意整理がうまくいけば成功報酬として3万円から4万円、 さらに、借入金の利息分を減額させることに成功した場合は、減額の成功報酬として減額金額の10%ら20%とが弁護士費用ということなのです。 また、他にも過払金の払い戻しができたケースも、その取り戻した過払い金額の20%から25%分を報酬として弁護士に払います。

これらについては成功を得てから払う費用なので、減額報酬や過払報酬に関しては当人が新たにお金の用意の必要は無いと思います。さらに、近頃は着手金に関して、費用なしの弁護士事務所も見受けられます。 任意整理を弁護士に依頼するに先立って、通常なら任意整理の相談を行います。その時に任意整理の弁護士費用について、ぜひ質問してみて下さい。事前に知っておくのは大切です。